正しいスキンケアは美肌への第一歩

美肌のためのスキンケアの第一歩である洗顔を蔑ろにしている人が少なくないようです。スキンケアの一環としてダブル洗顔をすることが、皮膚の汚れ落としに有効なことがあります。界面活性剤が配合されている洗顔料を使わなければ、メイク汚れを分解することはできません。界面活性剤は、性質の異なる物質の界面に働きかけて、性質を変えることによって2つの物質を混ざりやすくするものです。界面活性剤は、それ自体が皮膚に触れたままでいると肌にダメージを与えますが、油分を含む汚れを分解する時にはなくてはならないものです。洗顔料の働きで汚れ落としができたとしても、洗顔料が皮膚についたままでいると、肌トラブルを引き起こしてしまいます。洗顔料が残らないように、洗顔後は念入りに洗い流すことが大切です。アルカリと脂肪酸からつくる石鹸を使って、洗顔をするという方法も一般的になっています。皮膚へのダメージを最小限に留めたいという人は、水で流せる石鹸を使うようです。美肌のためには、ダブル洗顔のスキンケアがよいと言われる理由は、2つの洗顔料にはこういった性質の違いがあるからです。泡立ちのいいネットやスポンジを使って石鹸で泡をつくり、泡を顔の上に転がすようにして洗顔をすることで、スムーズに顔を洗うことができます。よいスキンケア用品を探すのと同じくらい、適切な洗顔の仕方を覚えることは重要であり、美肌になるには欠かせません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です